MY WORK MISSION

切削加工の精度を高め、
高品質のものづくりを
支えていく

新卒採用 2004年入社
工作1課 機械加工生水 宏介

INTERVIEWインタビュー

  • 南鉄工所を志望した理由を教えてください。

    地元の工業高校に通っていたこともあり、将来は地元でものづくり産業に関わる仕事に就きたいと考え、志望しました。南鉄工所はやさしい人たちばかりで、アットホームな雰囲気にも魅力を感じました。入社以来、「会社に行きたくない」と思ったことは一度もありません。

  • 担当している主な仕事内容を教えてください。

    工作1課に所属し、マシニングセンタを駆使して、油圧コントロールバルブの部品となる金属の切削加工を担当しています。2年前に機械加工技能士(マシニングセンタ作業)1級を取得し、副長として後輩の指導と育成も担当しています。

  • 仕事のやりがいは何ですか。

    入社当初は、自分が担当する仕事にどんな意味があり、何が重要なのかさっぱりわからなかったのですが、先輩に教わって覚えていくうちに仕事の内容が深く理解できるようになりました。今では切削加工の面白さに気づき、プログラムを改良して切削加工の精度と作業スピードを上げていくことにやりがいを感じます。

  • 仕事上、特に重視していることは?

    安全管理、品質、作業効率の向上の3つです。加工スピードを上げつつも、高精度の品質を維持できるように工夫することです。入社して10年を過ぎた頃から、社内でも中堅の立場になってきていることを意識するようになり、後輩の指導と育成では、自分の感覚を相手が理解できるように細かく伝えることを心がけています。

  • 今後の目標を教えてください。

    機械加工技能士(マシニングセンタ作業)の特級を取得することが大きな目標です。これまで、機械検査技能士2級と品質管理検定(QC検定)3級も取得してきましたが、より高みを目指していくために、さらなるスキルアップに挑戦し、日々の業務にその知識と技術を生かしていきたいと思います。